皆さ~ん、帽子洗ってますか~?


この夏、汗かいたまま帽子を放置して
帽子の色が落ちてしまった、洗濯オヤジです(^^ゞ


その帽子がこれ
DSC02376
いくら洗っても落ちないと思ったら、汗で色が抜けてたみたいです
汗かいたら、すぐに水洗いしなくちゃ駄目ですね

で、どうにかならないものかと
2ヶ月間相談無料の王子に相談してみたところ
王子のところに送ったら治りますよ~とお返事が・・・
イヤイヤ、確か購入価格1000円くらいの帽子を
王子のところに送ると送料のほうが高くなっちゃいますね
ここは駄目もとで自分で何とかする方法はないものかと尋ねたら
アクリル絵の具で塗ったらいいですよ~ってことで
え~・・まさかの絵の具で塗っちゃうんですね

よーし、レッツ・チャレンジしちゃいます。

ここで、アクリル絵の具とはどういうものか、WIKIより抜粋

現在一般に購入できるアクリル絵具のほとんどは水溶性である。乾燥が極めて早く、乾燥後に耐水性となる性質から、手軽な絵具のひとつである。

ということは、塗る時は手軽に濡れて、乾くと洗濯しても落ちなくなっちゃう絵の具ってことですね
まさに布製品にはぴったりの絵の具じゃないですか
これでTシャツに絵を書いちゃうツワモノもいるみたいですね

では、準備にとりかかります
アクリル絵の具、買いに行かなくちゃと思っていたところ
娘に聞いたら、持ってるよ~と
DSC02374
あっさり道具一式揃っちゃいました(^◇^)

まずは、色を作ります
DSC02390
青をベースに緑と茶色をまぜるもなんか明るいな
黒を使うと色が汚くなるよと娘からアドバイスをもらってましたが
ほんのちょっとだけ黒を入れて
DSC02400

水で溶かしながら、薄めに塗っては

DSC02391

乾かし・・・・を繰り返し

なんと帽子の絵の具が座布団に付いちゃいました(^^ゞ
ちゃんと新聞紙とか引いて乾かしましょうね~

作った色も無くなったところで、こんなもんかと妥協しました(^◇^)
DSC02403

そして、絵の具が乾くまで

DSC02406
2日間くらい干しまして

そして、最後の仕上げ
DSC02407
洗濯します。

約2~3Lくらいの洗面器に
DSC02408
アリエール小さじ1くらいを入れて
軽く押し洗い
DSC02409
ひっくりかえして
DSC02410
30分くらいつけときましょうかね

待ち時間・・
なんか洗濯機が汚れてるな
まわり埃まみれじゃん・・
DSC02415_Fotor_Collage
待ち時間の間
窪みや、隙間に貯まった埃などをせっせと掃除して

帽子をすすいで
綺麗になった洗濯機に投入
DSC02416
脱水時間1分にセットして
DSC02417
軽く脱水

DSC02418
乾くまで干して
DSC02419

完成
DSC02420
若干色ムラはありますね(^^ゞ

でも、少しは目立たなくなったかな
DSC02376

洗濯レベルが1上がった・・・・気がします(*^_^*)

1000円の帽子ですが、手をかけると
なんか愛おしく思えちゃいますね

でも、こんなことになる前に
汗かいたら、こまめに水洗いしましょうね~



ここから、CMです(^^ゞ

今回使った、我が家の洗濯機は
東芝のAWシリーズ


洗濯、すすぎ、脱水の時間が1分単位で細かく設定できて
こだわりの洗濯ができると、洗濯王子もオススメしてました。




お買い求めは、安心のエディオングループで(^^ゞ